投稿の詳細: カレー粉の作り方

2008/09/11

永続的リンク 09:46:54, カテゴリ: スパイス

カレー粉の作り方

用意するもの:(カレー粉セット・厚手なべ・
          木杓子・ハサミ・ふるい)

材料
ターメリック60g
ジンジャー6g
カルダモン7g
セイボリー8g
クローブ6g
セージ2g
クミン36g
唐辛子17g
黒こしょう9g
ナツメッグ6g
コリアンダー・シード55g
フェヌグリーク・シード30g
オールスパイス2g
スターアニス9g
シナモン11g
ローレル3g
ディル・シード16g
フェンネル・シード6g
※すべてパウダーを使用。

(作り方)
1・鍋を火にかけ、あたたまったら火を
できるだけ小さくしてターメリックを
入れます。

2・全体にまんべんなく木杓子で
かき混ぜます。
熱によってターメリックの色が変化
してきます。
初めは青臭いような匂いから、
香ばしい香りに変わり、10~15分位で
鮮やかなオレンジ色になります。
炒め過ぎると焦げ臭くなり、カレー粉の
色が悪くなりますので、注意してください。

3・残りの19種類のスパイスを
全量ふるいに入れて混ぜ合せながら
ふるいます。
(手持ちのカレー粉があれば、
それを入れると早く香りが良くなります。)

4・このスパイスを1のターメリックの中に
入れて、よく混ぜながら4~5分炒って
火を止めます。
鍋のまま粗熱がさめるまでそのままにしておきます。
これで手作りカレー粉の出来あがりです。

5・密閉できるビンに入れ、光が当らない場所で
時々ころがして中のカレー粉が混り合うようにします。
こうして15日以上熟成させると
最上級のスペシャルカレー粉が出来上ります。
配合してすぐ使用すると、インド風の
カレーの香りとなります。


スパイスをどのように配合するか、またどのスパイスを使用
するかによって、カレー粉の香りは変わってきます。
その中でターメリックは調味料、着色料として使用します。
ターメリックを入れないで作ったカレー粉は、
薄茶色になり、香りも非常に弱くなります。
 次に辛味用のレッドペッパー、ブラックペッパー、
ジンジャー等は、入れすぎると辛くなりすぎますから
お好みに応じて調整をして下さいね。
辛口・甘口は、これらのスパイスによって決まります。


楽天市場で評価4.37のカレーです

特定商取法に基づく表示

にほんブログ村 料理ブログへ 応援お願いします♪

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

この投稿にはモデレーション待ちのフィードバックが 7 件あります....

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

岡山県倉敷市で「ナッシュカリー・アメリカン」というお店をやっています。 創業1990年。 おかげさまでたくさんのお客さまにご来店いただいています。 このブログではナッシュカリーならではのカレーのレシピの紹介や 当店で使っているスパイスについて色々綴っていきたいと思っています。 当店自慢のカレールーは通販でも販売しておりますので ぜひ一度ご賞味ください。 また岡山へ来られる際はご来店くださいますよう よろしくお願い申し上げます。

最近のコメント
Archives

リンクブログ

ネットチラシ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2017年9月
<< <     
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?