投稿の詳細: マスタード

2007/11/22

永続的リンク 15:31:44, カテゴリ: スパイス

マスタード

【アブラナ科の一年草~越年草  シロガラシ種子を用いたもの】
種子のままでは香りも辛味もない。
熱した油に入れ、実がはじけてはじめて独特の香りが発生します。
その香りと鼻に抜ける辛味は特徴的です。

マスタードは、炎症を取り除いてくれるといわれます。
打ち身や腰痛、痛風、関節炎、リュウマチ、神経痛にいいとか。
湿布薬として使われたこともあります。利尿作用もあります。
消化を促進させ、脂肪分解作用があるとされることから、ダイエット中の食事に向いているともいわれます。
ただし興奮作用もあるため、就寝前に過剰に摂取するのはあまりよくありません。

インド料理では香りのスパイスとして利用されることが多いようです。
香り?って思いますが、唐辛子のように思わずハァーッと口を開けてしまう辛さでなく、むしろぐっと口を閉じて鼻や目に抜ける感覚を味わうのを思うと、辛味と同時に香りも楽しめるということかしらん?

マスタードというと鮮やかな黄色や、粒々入りのものが浮かびます。
日本でお馴染なのは、おでんなどにも添えられる和がらしでしょうか。
からしは大きく分けると、和がらしと洋がらしの2種類になります。
マスタードは洋がらしに入ります。和がらしと洋がらしは辛味の主成分が違い、風味や辛さも異なります。

クーっ、想像しただけで鼻の奥がツーンとしてきますね。



ナッシュカリー・アメリカンの “からだいたわり・こだわりカレー”

あなたは お店で食べてみる? お家でつくってみる?

お取り寄せ,カレー,スパイス,レシピ,作り方,通販,本格,美味しい

にほんブログ村 料理ブログへ 応援お願いします♪

この記事へのトラックバック アドレス

コメント, トラックバック:

この投稿への コメント/トラックバック はまだありません...

コメントを残す:

頂いたメールアドレスはこのサイト上には表示されません
頂いたURLは表示されます。

許可される XHTML タグ: <p, ul, ol, li, dl, dt, dd, address, blockquote, ins, del, span, bdo, br, em, strong, dfn, code, samp, kdb, var, cite, abbr, acronym, q, sub, sup, tt, i, b, big, small>
(改行が自動で <br /> になります)
(名前、メールアドレス、URLを記憶する Cookie を発行します)
(ユーザがメッセージ・フォームを通してあなたに連絡することを許可します (あなたのメール・アドレスは表示されません))

岡山県倉敷市で「ナッシュカリー・アメリカン」というお店をやっています。 創業1990年。 おかげさまでたくさんのお客さまにご来店いただいています。 このブログではナッシュカリーならではのカレーのレシピの紹介や 当店で使っているスパイスについて色々綴っていきたいと思っています。 当店自慢のカレールーは通販でも販売しておりますので ぜひ一度ご賞味ください。 また岡山へ来られる際はご来店くださいますよう よろしくお願い申し上げます。

最近のコメント
Archives

リンクブログ

ネットチラシ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

2017年4月
<< <     
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリ

検索
オンラインユーザ一覧
いろいろ
このブログの配信 XML

RSSとは?